オーラルセックスと性病 <フェラ・クンニで感染する病気>

オーラルセックスでも感染するよ

オーラルセックスは口や舌で性器を愛撫する性行為です。

フェラチオ、クンニリングスと呼ばれる行為のことで、最近では性行為として行う人も多くなりました。

しかし、オーラルセックスで口や喉に感染する性病もあるため注意が必要です。

このページではオーラルセックスで感染する性病とその症状について解説します。

 >> 検査キットの値段比較表(保存版)star


フェラチオをされた(ペニスをなめられた)

クラミジア

感染しやすい

クラミジアはフェラチオで感染することもある性病です。

男性の場合はフェラチオで尿道に感染することがあり、尿道炎の原因になります。

ただ、感染しても半数は無症状で、もし症状がでたとしても軽いことが多いです。

感染経路としては男女のセックス(性器結合)が一番多いですが、フェラチオで女性の喉から感染することもよくあります。

コンドームを使えば予防できますが、日本ではフェラチオでコンドームが使われることは少ないです。

淋病

非常に感染しやすい

フェラチオで一番感染しやすい性病が淋病です。

フェラチオをされた男性の尿道に感染して強い排尿痛をひきおこし、尿道から膿がでるようになります。

淋菌は男女のセックス(性器結合)で感染することも多いですが、クラミジアとは異なりフェラチオで女性の喉から感染する人のほうが多いです。

特に性風俗で働く女性の喉からは高い確率で淋菌が見つかり、主な感染ルートになっていると考えられます。

予防にはクラミジアと同じくコンドームが非常に有効です。

雑菌性尿道炎

感染しやすい

雑菌性尿道炎はクラミジア・淋菌以外の雑菌が原因の尿道炎です。

口の中やペニスの表面にはいろんな雑菌がいるため、フェラチオで男性の尿道に入り込んで発症することもよくあります。

症状はさまざまですが軽い尿道炎になることが多いです。

性器ヘルペス

感染しやすい

性器ヘルペスは性器周辺に水ぶくれ・ただれができる病気です。

ヒリヒリとした痛みやかゆみ、排尿時の痛みなどの症状がでます。

フェラチオをされると口にいるヘルペスウイルスがうつることがあり、ペニスの周辺の皮膚や粘膜に感染して性器ヘルペスを発症します。

発症していない人からはあまり感染しませんが、発症した人からは唾液などにウイルスがでてくるため感染する可能性があります。感染力も非常に強いです。

特にクチビルにできる水ぶくれの中にはウイルスが大量にふくまれていて、やぶれた水ぶくれに触るだけで感染することがあります。

梅毒

感染することがある

梅毒は皮膚にさまざまな発疹やできものができるようになり、体中が菌に侵されていく病気です。

原因は梅毒トレポネーマという菌で、唾液にも含まれる含まれることがあるため、フェラチオで感染することがあります。

また、口にもできることがある梅毒の病変は特に感染力が強いです。ほとんど痛みもないため感染者本人が気付いてないことも多く、知らないうちに感染してしまう可能性があります。

梅毒は男女間での感染も多いのですが、最も注意したほうがいいのは男性同性愛者(ゲイ)です。梅毒感染者の割合が特に高いため注意が必要です。

HIV/エイズ

ほぼ感染しない

エイズは体の免疫力が低下する病気です。

HIV(エイズウイルス)は主に感染者の体液に含まれていますが、唾液には人に感染させるほどのHIVは含まれていません。

このため、フェラチオをされても普通はHIVに感染することはありません。

しかし、ペニスの包皮にはHIVが感染しやすい細胞が存在しています。

もし相手の口に出血しているような傷があれば、包皮の表面の小さな傷から血液中のHIVが入り込んで感染する可能性もあります。

それでも、HIVの感染力は非常に弱いので実際に感染することはほとんどないでしょう。

B型肝炎

ほぼ感染しない

B型肝炎はウイルスが原因の肝炎です。

感染してしばらくすると、発熱やだるさなどを伴う急性肝炎を発症することがあります。

大人が感染する主な原因は性行為ですが、B型肝炎ウイルスは唾液にも含まれているので、フェラチオで感染することもあります。

ただ、唾液に含まれているウイルスは量が少ないためあまり感染しません。

それでも、B型肝炎ウイルスはは感染力が強いウイルスなので、相手の口に出血しているような傷があれば感染する可能性はかなり高くなります。

亀頭包皮炎(カンジダ)

感染することがある

カンジダは皮膚や腸などどこにでもいるカビの仲間です。

人の口の中にもいるため、フェラチオで感染して亀頭包皮炎となることがあります。

発症するとペニスに白いカスや垢のようなものが付着するようになり、かゆみや軽い痛みといった症状がでます。

また、カンジダは湿った場所を好むため、特に包茎の男性が感染しやすいです。

クンニした(女性器をなめた)

クラミジア・淋菌

感染することがある

クンニリングスを行うと淋菌やクラミジアが喉に感染することがあります。

喉の痛みや風邪のような症状がでることもありますが、感染しても症状はでないことがほとんどです。

それでも、そのまま放置すると再び誰かに感染させる可能性があるため、ちゃんと治療をする必要があります。

口唇ヘルペス

感染することがある

口唇ヘルペスはクチビルに水ぶくれができる病気です。

水ぶくれはしばらくすると潰れてカサブタになって治ります。

クンニリングスを行うと相手の性器ヘルペスのウイルスが、性器から口や喉に感染して口唇ヘルペスや喉のヘルペスとして発症することがあります。

ただ、性器ヘルペスが口や喉に感染することはそれほど多くないと考えられます。

もともと再発を繰り返しやすいタイプの性器ヘルペスのウイルス(2型)は、口や喉には感染しにくいからです。

口や喉に感染しやすいタイプのウイルス(1型)もあり、こちらだと感染することもあります。

それでも、あまり再発しないので感染する機会は少なく、さらに日本人の2人に1人以上はすでに感染して抗体をもっているのでうつりにくいです。

尖圭コンジローマ

あまり感染しない

尖圭コンジローマは独特の形をしたイボです。

原因はヒトパピローマウイルスで、感染者の皮膚や粘膜に接触することで感染します。

クンニリングスを行うことで口の粘膜に感染することがあり、口の周辺にも尖圭コンジローマのイボができることもあります。

ただ、このイボが口にできることは少ないです。

梅毒

感染しやすい

梅毒は皮膚にさまざまな発疹やできものができるようになり、体中が菌に侵されていく病気です。

原因は梅毒トレポネーマという菌で、膣分泌液などの体液にも含まれているため、クンニリングスで口や喉に感染することがあります。

また、特に感染力が強いのが皮膚や粘膜にあらわれる梅毒病変で、性器周辺にできることも多いです。

ほとんど痛みもないため感染者本人が感染に気付いてないことも多く、知らないうちにうつってしまう可能性があります。

HIV/エイズ

感染する可能性もある

エイズは体の免疫力が低下する病気です。

膣分泌液にはHIV(エイズウイルス)が含まれているため、クンニリングスで感染する可能性があります。

また、血液にもHIVは含まれるため、生理のときなどはさらに注意が必要です。

それでも、エイズの感染力はとても弱く、クンニリングスで感染する可能性はかなり低いと思われます。

専門家の中にはオーラルセックスではHIVに感染しないという人もいるくらいです。

B型肝炎

感染することがある

B型肝炎はウイルスが原因の肝炎です。

感染してしばらくすると、発熱やだるさなどを伴う急性肝炎を発症することがあります。

原因となるB型肝炎ウイルスは感染者の膣分泌液にも含まれているため、クンニリングスで感染することもあります。

B型肝炎はHIVと感染経路がとてもよく似た病気ですが、HIVに比べて100倍くらい感染力が強いです

国内の感染者数も多いため、HIVよりも注意が必要な病気といえるでしょう。

フェラをした(ペニスをなめた)

クラミジア

感染しやすい

フェラチオを行うと淋菌やクラミジアが喉に感染することがあります。

感染すると喉の痛みや風邪のような症状がでることがありますが、症状がでないことがほとんどです。

それでも、放置すると再び誰かに感染させる可能性があるため、ちゃんと治療をする必要があります。

淋菌

非常に感染しやすい

フェラチオで一番感染しやすいのが淋菌です。

淋菌は女性の喉と男性のペニスの間での感染が最も多いです。

喉は淋菌が生息しやすい環境になっていると考えられます。

性風俗で働く女性の喉からは高い確率で淋菌が見つかることからもこのことは理解できます。

感染すると喉の痛みや風邪のような症状がでるようなこともありますが、クラミジアと同じく症状のないことがほとんどです。

口唇ヘルペス

感染することがある

口唇ヘルペスはクチビルに水ぶくれができる病気です。

水ぶくれはしばらくするとやぶれてカサブタになって治ります。

フェラチオを行うと相手の性器ヘルペスのウイルスが、口や喉に感染して口唇ヘルペスや喉のヘルペスとして発症することがあります。

ただ、性器ヘルペスが口や喉に感染することはそれほど多くはないと考えられます。

もともと再発を繰り返しやすいタイプの性器ヘルペスのウイルス(2型)は、口や喉には感染しにくいからです。

口や喉に感染しやすいタイプのウイルス(1型)もあり、こちらだと感染することもあります。

それでも、1型はあまり再発しないので感染する機会は少なく、さらに大人はすでに感染して抗体をもっている人のほうが多くうつりにくいです。

尖圭コンジローマ

あまり感染しない

尖圭コンジローマは独特の形をしたイボです。

原因はヒトパピローマウイルスで、感染者の皮膚や粘膜に接触することで感染します。

フェラチオを行うと口の粘膜に感染することがあり、口の周辺に尖圭コンジローマのイボができることもあります。

ただ、尖圭コンジローマのイボが口にできることは少ないです。

梅毒

感染しやすい

梅毒は皮膚にさまざまな発疹や出来物ができるようになり、体中が菌に侵されていく病気です。

原因は梅毒トレポネーマという菌で、精液などの体液にも含まれる含まれているため、フェラチオをすると口や喉に感染することがあります。

また、皮膚や粘膜にあらわれる梅毒の病変は特に感染力が強く、性器周辺にできることもよくあります。

梅毒の病変はほとんど痛みもないですが、ペニスにできる梅毒病変は見つけやすいので、フェラチオを行う前に異変に気付きやすいです。

HIV/エイズ

感染する可能性もある

エイズは体の免疫力が低下する病気です。

精液にはHIV(エイズウイルス)が含まれているため、フェラチオでHIVに感染する可能性があります。

ただ、エイズの感染力はとても弱く、フェラチオで感染する可能性はかなり低いと思われます。

専門家の中にはオーラルセックスではHIVに感染しないという人もいるくらいです。

B型肝炎

感染することがある

B型肝炎はウイルスが原因の肝炎です。

感染してしばらくすると、発熱やだるさなどを伴う急性肝炎を発症することがあります。

原因となるB型肝炎ウイルスは感染者の精液にも含まれているため、フェラチオで感染することもあります。

B型肝炎はHIVと感染経路がとてもよく似た病気ですが、HIVに比べて100倍くらい感染力が強いです。

国内の感染者数も多いため、HIVよりも注意が必要な病気といえるでしょう。

クンニされた(女性器をなめられた)

クラミジア・淋病

感染することがある

クラミジア・淋菌はクンニリングスで喉から女性器に感染することもある性病です。

感染すると子宮頸管炎をひきおこし、オリモノの異常や不正出血などの症状がでることもあります。

しかし、症状がでるのは感染者の2割だけで、残りの8割は症状がでません。

性器ヘルペス

感染しやすい

性器ヘルペスは性器周辺に水ぶくれ・ただれができる病気です。

ヒリヒリとした痛みやかゆみ、排尿時の痛みなどの症状がでます。

クンニリングスでは口にいるヘルペスウイルスが女性器の周辺に感染することがあります。

発症していない人からはあまり感染しませんが、発症すると唾液などにウイルスがでてくるため感染する可能性があります。

特にクチビルにできる水ぶくれの中にはウイルスが大量にふくまれているため感染力が強く、やぶれた水ぶくれに触るだけで感染することがあります。

梅毒

感染することがある

梅毒は皮膚にさまざまな発疹やできものができるようになり、体中が菌に侵されていく病気です。

原因は梅毒トレポネーマという菌で、唾液にも含まれることがあるため、クンニリングスで感染することがあります。

さらに口にもできることがある梅毒の病変は特に感染力が強いです。

ほとんど痛みもないため感染者本人が気付いてないことも多く、知らないうちに感染してしまう可能性があります。

HIV

ほぼ感染しない

エイズは体の免疫力が低下する病気です。

HIV(エイズウイルス)は主に感染者の体液に含まれていますが、唾液には人に感染させるほどのHIVは含まれていません。

このため、クンニリングスをされても普通はHIVに感染することはないです。

しかし、膣の内部にはHIVが感染しやすい細胞が存在しています。

もし相手の口に出血しているような傷があれば、粘膜の表面の小さな傷からHIVに感染する可能性もあります。

それでも、HIVの感染力は非常に弱く、実際に感染することはほとんどないでしょう。

B型肝炎

ほぼ感染しない

B型肝炎はウイルスが原因の肝炎です。

感染してしばらくすると発熱やだるさなどを伴う急性肝炎を発症することがあります。

原因となるB型肝炎ウイルスは唾液にも含まれているため、クンニリングスで感染する可能性があります。

しかし、唾液に含まれているウイルスは量が少ないためあまり感染しません。

それでも、B型肝炎ウイルスはは感染力が強いウイルスなので、相手の口に出血しているような傷があれば感染する可能性がかなり高くなります。

リミングした(肛門をなめた)

アメーバ赤痢

感染することがある

アメーバ赤痢は赤痢アメーバが原因の病気です。

感染すると下痢や軟らかい便に血が混じるようになる、出すものが無いのに何度もトイレにいきたくなる、などの症状があります。

アメーバ赤痢は病原体である赤痢アメーバが口から腸に入ることで感染しますが、赤痢アメーバは感染者の糞便に含まれているため、感染者とのリミングで感染することがあります。

肛門を使った性行為を行うことが多い男性同性愛者(ゲイ)では、感染している人がたまにいるため注意が必要です。

A型肝炎

まれに感染することがある

A型肝炎はウイルスが原因の肝炎です。

感染してしばらくすると、発熱やだるさなどを伴う急性肝炎を発症することがあります。

A型肝炎はA型肝炎ウイルスが口から入ることで感染しますが、ウイルスは感染者の糞便に含まれています。

このため、感染者に対してリミングをを行うと感染することがあります。

男性同性愛者(ゲイ)ではまれに感染している人がいるため注意が必要かもしれません。

尖圭コンジローマ

あまり感染しない

尖圭コンジローマは独特の形をしたイボです。

原因はヒトパピローマウイルスで、感染者の皮膚や粘膜に接触することで感染します。

リミングを行うと口の粘膜にも感染することがあり、尖圭コンジローマのイボができることもあります。

特に男性同性愛者(ゲイ)の場合は肛門に尖圭コンジローマのイボができることも多いため、リミングで口に感染する人もいると思われます。

ただ、尖圭コンジローマがのイボが口にできる人はあまりいません。

梅毒

感染することがある

梅毒は皮膚にさまざまな発疹やできものができるようになり、体中が菌に侵されていく病気です。

原因は梅毒トレポネーマという菌で、精液などの体液にも含まれているため、リミングをすると口や喉に感染することがあります。

さらに口にもできることがある梅毒の病変は特に感染力が強いです。ほとんど痛みもないため感染者本人が気付いてないことも多く、知らないうちに感染してしまう可能性があります。

また、男性同性愛者(ゲイ)の場合は感染者の割合がかなり高いため、特に注意したほうがいいでしょう。

HIV/エイズ

ほぼ感染しない

エイズは体の免疫力が低下する病気です。

腸からでる腸粘液にもHIV(エイズウイルス)は含まれているため、肛門を舐めると感染する可能性があります。

また、出血しやすいアナルセックスを行った後のリミングでは、感染する可能性はさらに高まると思われます。

それでも、エイズの感染力はとても弱く、リミングで感染する可能性はかなり低いと思われます。

専門家の中にはオーラルセックスではHIVに感染しないという人もいるくらいです。

B型肝炎

ほぼ感染しない

B型肝炎はウイルスが原因の肝炎です。

感染してしばらくすると、発熱やだるさなどを伴う急性肝炎を発症することがあります。

感染者の体液が小さな傷などから入り込むことで感染するのですが、肛門を舐めるくらいでは感染することはあまりないと考えられます。

ただ、B型肝炎ウイルスは感染力が非常に強いウイルスです。

出血しやすいアナルセックスも同時に行っているような性行為では、リミングで感染することも考えられます。

リミングをされた(肛門をなめられた)

性器ヘルペス

感染することもある

性器ヘルペスは性器周辺に水ぶくれ・ただれができる病気です。

ヒリヒリとした痛みやかゆみ、排尿時の痛みなどの症状がでます。

原因は単純ヘルペスウイルスというウイルスです。

リミングでも感染することがあり、この場合は口にいるヘルペスウイルスが肛門の周辺の皮膚や粘膜に感染します。

発症していない人からはあまり感染しませんが、発症して症状がでた人からは唾液などにウイルスがでてくるため感染しやすいです。

特にクチビルにできる水ぶくれの中にはウイルスが大量にふくまれているため感染力が特に強く、やぶれた水ぶくれに触るだけで感染することがあります。

ただ、ヘルペスが肛門周辺にできるのはまれです。

梅毒

感染することがある

梅毒は皮膚にさまざまな発疹やできものができるようになり、体中が菌に侵されていく病気です。

原因は梅毒トレポネーマという菌で、唾液にも含まれることがあるため、リミングをされると感染することがあります。

また、口にもできることがある梅毒の病変は特に感染力が強いです。ほとんど痛みもないため感染者本人が気付いてないことも多く、知らないうちに感染してしまう可能性があります。

そして、一番注意したほうがいいのは男性同性愛者(ゲイ)です。梅毒感染者の割合がとても高いため注意が必要です。

HIV/エイズ

ほぼ感染しない

エイズは体の免疫力が低下する病気です。

HIV(エイズウイルス)は主に感染者の体液に含まれていますが、唾液には人に感染させるほどのHIVは含まれていません。

このため、リミングをされても普通はHIVに感染することはありません。

しかし、もし相手の口に出血しているような傷があれば、わずかに感染する可能性もあるかもしれません。

B型肝炎

ほぼ感染しない

B型肝炎はウイルスが原因の肝炎です。

感染してしばらくすると、発熱やだるさなどを伴う急性肝炎を発症することがあります。

大人が感染する主な原因は性行為ですが、B型肝炎ウイルスは唾液にも含まれているので、リミングで感染することも考えられます。

ただ、唾液に含まれているウイルスは量が少ないため普通はほとんど感染しないでしょう。

それでも、B型肝炎ウイルスはは感染力が強いウイルスなので、相手の口に出血しているような傷があれば感染する可能性があります。

性病検査キット

自分で検査できるよ

性病検査キットを使うと、自宅で性病検査をすることもできます。

ただ、検査キットは誰にでもオススメできるわけではありません。そのまま病院へいったほうがいい場合もあります。

そして、検査キットにはメリットやデメリットもあります。

性病検査キットの良い点・悪い点のページでは、これらの点について解説していますので、そちらを参考にしてください。

 >> 性病検査キットの良い点・悪い点

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ