放置すると危険な性病 <後遺症が残ることもある>

放置すると危険な性病

性行為によって感染する性病(性感染症)にはいろいろありますが、症状が軽いからといって放置すると危険なものもあります。

このページでは放置するとよくない性病について解説します。

 >> 検査キットの値段比較表(保存版)star


放置すると危険な病気

クラミジア・淋菌感染症(女性)

無症状が多いよ

クラミジア・淋菌感染症(淋病)は性行為で感染する病気です。

女性の場合、子宮の入り口に感染しますが、症状が非常に軽いため自覚症状がないことが多く、感染しても8割の女性は無症状です。症状がでないのが普通です。

悪化することも

しかし、そのまま放置するとクラミジア・淋菌は子宮から入り込んで、卵管や腹膜にも感染することがあります。

それでも症状は軽いことが多いですが、激しい腹痛や高熱がでることもあります。感染したまま放置されると慢性的な腰痛の原因になることもあります。

また、クラミジア・淋菌は最終的には肝臓周辺にまで到達することもあり、右わき腹の激しい腹痛として症状があらわれます。

後遺症が残るよ

しかし、最も問題となるのがクラミジア・淋菌の感染によって卵管周辺に残る後遺症です。

クラミジア・淋菌に何度も感染したり、感染が長く続いたりすると卵管など妊娠に関わる器官に異常がでるようになります。そして、元の状態には戻らなくなり、不妊の原因となることがあります。

特にクラミジアの場合、知らないうちに感染して放置されたままになっている女性がとても多く、妊娠を希望する頃になって初めて過去に感染していたことに気付く人も多いです。

子宮外妊娠の原因にも

また、クラミジアによる後遺症は不妊だけではありません。クラミジアは子宮外妊娠の最大の原因でもあり、妊婦さんの命に関わることもあります。

クラミジア・淋菌感染症は大変な事態を引き起こすこともありますが、初期であれば治療自体は簡単です。薬ですぐに治るため、早期発見が大切となります。

HIV/エイズ

初期症状の後は無症状

エイズはHIV(エイズウイルス)が原因の病気です。感染すると数週間ぐらいでインフルエンザのような初期症状がでますが、無症状のこともあります。

初期症状のあとは、症状のほとんどでない長期の潜伏期間(無症候期)に入りますが、その間も免疫力は低下していき、だんだんと体は弱っていきます。

いろんな病気にかかりやすくなるよ

そして何年もたってから、最終的には極端に免疫力が低下してエイズを発症し、さまざまな病気にかかるようになります。

エイズを発症しても治療すれば回復することもあるので、エイズ発症は死を意味するわけではありませんが、エイズを発症する頃まで放置された場合には、免疫力はなかなか回復せずに助からない人も多いです。

一般の男女でも感染するよ

現在でも日本ではHIV感染者は減少しておらず、まだ感染の拡大が止まっているとは言えません。そして、HIV感染のほとんどが性行為による感染です。

ゲイの感染が最も多いですが、ノーマルの男女での感染がないわけではありません。

コントロール可能な病気

現在では抗HIV薬を飲むことによって、HIVに感染しても進行を食い止めることが可能になっています。適切な投薬でコントロール可能な病気であるので、一般の健康な人と大きくは変わらない生活を送ることができます。

梅毒

早期梅毒

梅毒は特に皮膚に症状があらわれることが多い病気です。感染から3週間くらいで症状があらわれます。

現在では治療が可能な病気なので、感染から3年くらいの早期梅毒であれば完全に治すことができます。

晩期梅毒

この早期梅毒の段階では自然治癒することもありますが、その後は数年すると晩期梅毒の症状がではじめます。

この頃になるとかなり深刻です。梅毒の病原体が全身に回るようになり、体中にとても重い症状がでるようになります。治療も難しくなり、後遺症が残ったり命が助からないこともあります。

非常に重い症状になることもあるよ

また、HIV感染者など免疫力が弱っている人が梅毒に感染すると、悪性梅毒と呼ばれる非常に重い梅毒症状がでることがあります。悪性梅毒では病気の進行がかなり早く、1年くらいで末期の梅毒まで進行することもあります。

ゲイに多いがノーマルの男女にも

ゲイの場合はHIVばかりが注目されがちですが、梅毒に感染する人も非常に多く、HIVと同時に感染している人もいるので特に注意が必要です。

ノーマルの男女の場合は、梅毒に感染する人はゲイに比べると少ないですが、それでも性風俗店を通してまれに感染する男女がいるので注意したほうがいいでしょう。最近は増えています。

梅毒は放置すると危険な病気ではありますが、現在では治療方法が確立した病気であるので、現在の日本では晩期梅毒にまで進む人はほとんどいません。

B型肝炎

とても身近な病気だよ

肝炎は肝臓がダメージを受ける病気で、B型肝炎もその一つです。B型肝炎ウイルスが原因の肝炎です。

国内の感染者数も100万人くらいと非常に多く、決して珍しい病気ではありません。とても身近な病気です。昔は母子感染や予防接種・輸血で感染する人が大部分でしたが、現在では性行為での感染がほとんどとなっています。

感染すると数ヶ月程度の潜伏期間を経て急性肝炎を発症することがあり、極度にだるくなる、高熱がでる、眼球・皮膚が黄色くなる、というような症状がでることがあります。

慢性化することもある

このようなB型肝炎の感染初期にあらわれる症状では、まれに重症化して命に関わることもありますが、ほとんどの人は数週間から1ヶ月くらいで回復してウイルスも体から消え、元通りに元気になります。

しかし、最近では欧米型(ジェノタイプA)のB型肝炎に性行為で感染する人が若者を中心に増えています。この欧米型のB型肝炎に感染すると、感染者の10~15%の人はウイルスが消えずに肝臓にずっと残ってしまいます。

この場合は、慢性のB型肝炎となって、最終的には肝硬変や肝臓がんへと進行することがあります。

現在では新たに感染する人の半数以上が、欧米型のB型肝炎であるため、感染した10~20人に1人くらいが慢性肝炎になってしまうと考えられます。またB型肝炎はウイルスの感染力も非常に強いため注意が必要です。

子宮頸がん

誰でも感染するウイルス

子宮頸がんは女性にとても多いガンです。40~50代くらいの女性に多いがんですが、若い女性にも多いです。ヒトパピローマウイルスというウイルスが主な原因です。

子宮頸がんは性感染症ではありませんが、このヒトパピローマウイルスには性行為で感染します。感染した場合には5年~10年くらいのかなり長い時間を経てガン化することがあります。

そして、このヒトパピローマウイルス自体は女性なら誰でも感染するようようなウイルスであり、多くの女性が生涯に一度は感染します。

定期的な検診で防げるよ

それでも、ウイルスに感染してもほとんどの女性はがんを発症しません。がんを発症する女性はごく一部だけです。

そして、ヒトパピローマウイルスによる子宮頸がんは予防・早期発見が可能が病気です。2~3年に1度くらいの定期的な子宮頸がん検診を受けることで早期発見ができ、もし発症していても簡単な手術だけで再発することなく完治が可能です。

女性の代表的ながんでもあるため、子宮頸がん検診は性行為の経験のある女性なら誰でも受けるべき検診の一つです。自分はまだ若いからとか考えずに、自分から病院へいって積極的に検診を受けたほうがいいでしょう。

自治体や職場の補助を利用することでかなり安い費用で検診を行うことも可能です。

危険ではないが、放置はあまりよくない病気

トリコモナス膣炎・細菌性膣炎

女性に多い膣炎だよ

トリコモナス膣炎や細菌性膣炎(細菌性膣症)は女性に多い膣炎です。臭いの原因になったり、痛みやかゆみなどの症状がでることもあります。

トリコモナス

トリコモナスは感染しても、症状がでないことも多いです。感染に気付かない場合には、何年でもずっと感染したまま放置されたままになることもあります。

細菌性膣炎

細菌性膣炎は女性にとても多い膣炎で、症状が軽ければ治療が必要でないこともあります。

どちらも危険ではない

どちらも後遺症が残ったりすることは少なく、あまり危険な病気ではありません。それでも、明らかな症状がある場合には治療が必要です。

細菌が増えたままで放置されることはよくありません。悪化すれば子宮や卵巣にまで感染が広がる可能性もあります。

喉のクラミジア・淋菌

喉にも感染するよ

クラミジアや淋菌は性器だけでなく喉にも感染します。この場合は咽頭炎や扁桃炎など風邪のような症状を引きおこすことがあります。

ただ、クラミジアや淋菌が喉に感染すること自体は、普通の病原性が低い細菌が喉に感染するのと特に変わりません。身体に大きな危険があるわけではありません。

悪化すれば重い扁桃炎などをひきおこすこともありますが、直接命にかかわったり後遺症が残るようなこともありません。それに喉に感染したクラミジアや淋菌もしばらくすれば消えてしまう可能性もあるのかもしれません。

放置するとよくない

それでも、クラミジア・淋菌の喉への感染を放置したままにしておくと、性行為を通して喉から性器の粘膜へと感染する可能性があります。

女性の場合は性器の粘膜に感染したクラミジア・淋菌が、さらに卵管へと感染することにより、大きな後遺症が残ることがあるため、感染を放置したままにしておくことはよくありません。

尖圭コンジローマ

とても面倒なイボだよ

尖圭コンジローマは性器周辺にできるイボです。このイボ自体は特に危険なものではありませんが、放置するとどんどん増えていくことがありとてもやっかいです。

重症化したような場合には治療に何ヶ月もかかることになり、イボを焼いた治療痕が残ることもまれにあります。また重症化したイボはニオイの原因にもなります。

このため、重症化する前でイボが小さいうちに早めに病院へ行き、治療をはじめたほうがいいでしょう。

クラミジア(男性)

不妊の原因となることは少ない

男性のクラミジア感染による尿道炎を放置すると、クラミジアが睾丸(陰嚢)まで入り込んで精巣上体炎をひきおこすことがあります。

この場合、精子が通る管がつまって男性が原因の不妊となることもあります。しかし、クラミジアが原因で不妊とまでなる男性はかなりまれです。よほど悪化した場合だけです。

さらに男性のクラミジアは女性に比べて自然治癒することが多く、女性ほど大きな問題になることはありません。男性のクラミジア感染の場合は、女性への感染源になることのほうがより大きな問題といえます。

感染しにくい病気

C型肝炎

肝炎の原因のひとつ

C型肝炎はB型肝炎と同じくウイルスが原因の肝炎の一つです。

特に珍しい病気でもなく、感染者数も非常に多いです。国内だけで中高年から年配の人を中心に、150~200万人くらいの感染者がいます。

感染した場合には、数ヶ月くらいの潜伏期間の後で急性肝炎の症状がでることがあります。

身体に残りやすいよ

しかし、C型肝炎の場合は急性肝炎の発症することより、非常にウイルスが残りやすいという点のほうがはるかに大きな問題となります。

感染すると7割くらいの人はウイルスが体から消えずに残ってしまいます。この場合、体内にウイルスが一生残ることになり、治療する方法もありますが、放置すると最終的には肝硬変や肝臓がんの原因となることがあります。

あまり感染しないが・・・

ただ、このC型肝炎ウイルスはB型肝炎ウイルスに比べると感染力が弱く、実際には性行為で感染することはあまりありません。夫婦でも感染することはあまりないほどです。

それでも、ゲイや性風俗店で働く女性では、一般の男女に比べてC型肝炎の感染者の割合が高く、性行為で感染する人もまれにいると考えられます。

アメーバ赤痢

症状は軽い

アメーバ赤痢は「赤痢アメーバ」というアメーバが原因の病気です。直腸に感染したアメーバにより、血の混じった下痢がおこります。

ただ、「アメーバ赤痢」は名前の中に「赤痢」とついていますが、人の命を奪うこともある「赤痢」とは症状は似ていますが別の病気です。症状も軽いことが多く、感染していてもずっと気付かない人の方が多いです。

ゲイに多いよ

熱帯地方で食べ物を通して感染することが多い病気ですが、性行為で感染することもあり、日本でもゲイにわりと多い病気です。

便の中に病原体の「赤痢アメーバ」は存在しているため、肛門を使った性行為(アナルセックスなど)を行う人は注意が必要です。

また、症状は軽いことが多い病気ですが、まれにアメーバが肝臓にまで入り込むことがあります。

性病検査キット

自分で検査できるよ

性病検査キットを使うと、自宅で性病検査をすることもできます。

ただ、検査キットは誰にでもオススメできるわけではありません。そのまま病院へいったほうがいい場合もあります。

そして、検査キットにはメリットやデメリットもあります。

性病検査キットの良い点・悪い点のページでは、これらの点について解説していますので、そちらを参考にしてください。

 >> 性病検査キットの良い点・悪い点

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ