カンジダ膣炎 原因・予防方法

他人からうつることは少ないよ

「かゆい感じがする、カンジダが再発したのかも」

カンジダ膣炎は再発を繰り返しやすい病気です。治っても何度も再発する人もいます。

ここでは何故カンジダ膣炎になるのか、カンジダは何処からやってくるのか、どうやって防ぐかについて解説します。

 >> 検査キットの値段比較表(保存版)star


女性に非常に多い

ほとんどの人がカンジダ膣炎を発症するよ

女性の70~75%の人は一生の間に一度はカンジダ膣炎を発症します。

カンジダ膣炎にならない女性のほうが少ないくらいです。

非常にありふれた病気といえます。

女性の膣に元々いる場合も

カンジダは膣の外部から来ることもありますが、膣の中に常在菌のようにいる場合もあります。

  • 妊娠していない女性 15%
  • 妊娠している女性  30%

一般の女性の膣内からカンジダが発見される割合です。

特に、妊娠している女性は膣内からカンジダが見つかることが多いです。

ただ、カンジダが膣内で見つかったからといって、必ずしも治療が必要になるわけではありません。

妊娠していない女性で治療の必要のある人は、カンジダが見つかる15%のうちの3分の1です。

妊娠している女性の場合は、30%のうちの1割ほどです。

カンジダ膣炎は症状がでない限りは治療の必要はありません。カンジダが膣の中にいるからといって必ずしも悪いというわけでもないです。

カンジダ膣炎となる原因

免疫力の低下

カンジダ膣炎を発症する原因の一つに免疫力の低下があります。

  • 疲れ
  • 風邪
  • ストレス
  • 寝不足

残業や徹夜、過労などで体力が低下すると、免疫力が低下して病原体に対抗する力が弱くなります。このようなときにカンジダ膣炎を発症しやすくなります。

抗生物質

抗生物質がカンジダ膣炎の原因になることもあります。風邪薬などもそうです。

膣の中は乳酸桿菌(乳酸菌)の働きにより酸性に保たれていて、悪い細菌が増殖できないようになっています。また、菌のバランスも決まっていて一定以上には増えることができません。

しかし、抗生物質は全身に作用するため膣の中の乳酸桿菌や一般細菌も殺してしまいます。抗生物質の効く菌はみな死滅してしまいます。

そして、膣の中の細菌がみんないなくなったところで、抗生物質の効かないカンジダが今までいた細菌の代わりに増えていきカンジダ膣炎を発症します。

性感染症の治療

抗生物質が原因という話と同じ内容になってしまうのですが、淋病・クラミジア・トリコモナス・一般細菌の治療には抗生物質を使います。

これらの抗生物質はカンジダには効かないので他の性感染症の治療を行うと、他の菌が減った分だけカンジダが増えてカンジダ膣炎の症状があらわれることがあります。

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスが変化すると膣内の乳酸桿菌のバランスが変化するため、カンジダ膣炎を発症することがあります。

妊娠すると女性は体内のホルモンバランスが変わります。このため、妊娠中はカンジダ膣炎になりやすく妊婦さんの15%ぐらいがカンジダ膣炎を発症します。出産の頃がもっとも発症しやすいです。

生理の前もホルモンバランスが変化する期間で、カンジダ膣炎にかかりやすい時期となります。

他には、ピルやステロイドを服用している人もホルモンバランスが変化するため、カンジダ膣炎に感染しやすいですね。

性行為

性行為でカンジダ膣炎を発症する人は多くはありません。カンジダ膣炎を発症する人の5~10%ほどです。男性から感染することは少ないです。

糖尿病・肥満

血糖値の高い人は免疫力が低下するため、膣内に雑菌が繁殖しやすくなります。肥満している人も血糖値が下がりにくくカンジダ膣炎に感染しやすいです。

免疫不全、HIV

HIVなどの免疫不全があると免疫力が低下し、カンジダ膣炎にもなりやすくなります。

湿度の高い状態

きつい下着や、生理用品、おむつなどで湿度が高い状態が続くとカンジダ膣炎を発症しやすくなります。特に、不潔にしているような状態ではカンジダ膣炎を発症しやすくなるでしょう。

カンジダ膣炎にならないために

健康や食生活

カンジダ膣炎は健康なときには発症しにくいです。このため、日頃から十分に休息をとり、健康に気を配った生活習慣が大切です。

また、食生活が乱れて栄養状態が悪いとカンジダ膣炎になりやすくなります。このため、バランスのとれた食生活が求められます。

おりものシート・ナプキン

おりものシートは通気性が悪く湿度が高くなるためカンジダ膣炎の原因となります。おりものシートはなるべく使わないほうがいいでしょう。使う場合でもこまめに交換するように心掛けましょう。

ナプキンも同様で、生理中以外に使う場合はこまめな交換が大切です。

通気性の悪い服装

パンティストッキング、厚手のデニム、ガードルは通気性が悪くカンジダ膣炎になりやすくなります。なるべく避けたほうがいいでしょう。

また、下着は通気性のいい綿製品を選び、洋服はゆったりとした服装を心掛けましょう。

入浴

入浴や水泳のあと、十分に乾かさないまま下着を着用すると湿った状態となるためカンジダ膣炎になりやすくなります。

膣の外側はよく拭いて十分に乾かしてから服を着るようにしましょう。

また、家族でタオルの共用する人もいるかもしれませんが、感染することもありますので避けたほうがいいです。

トイレ

カンジダは腸に多く存在しています。トイレで前から後ろへ拭くと腸のカンジダが膣へうつってくることがあります。

トイレで拭く際は前から後ろへ拭きましょう。

下着

不潔な状態ではカンジダ膣炎に感染しやすくなります。毎日、下着をかえて清潔な状態を保ちましょう。

再発を繰り返す場合

再発を繰り返す人もいるよ

カンジダ膣炎は再発を繰り返すことが多く、カンジダ膣炎になった人の半数は再発しています。

  • 残っていたカンジダが再増殖
  • 腸のカンジダが膣へ移動
  • 性行為で感染

再発をする場合のカンジダの感染経路にはこのようなものがあります。

また、生活習慣などに問題のある人は再発を繰り返しやすく、治りにくい人も多いです。

再発を繰り返す場合

カンジダ膣炎の再発が多い場合、病院では膣錠や塗り薬の成分を変更したり、新たに内服薬を使用することになります。

しかし、再発の原因が本人の生活環境にある場合は、それを取り除かない限り再発を止めることは難しくなります。

  • 抗生物質・ピル・ステロイドをやめる
  • ビデ(膣洗浄剤)の使用をやめる
  • パートナーの男性の検査・治療

このような対策をとることで再発が止まる可能性もあります。

また、オーラルセックスをする人にはカンジダ膣炎を発症する人が多いです。オーラルセックスも避けたほうがいいでしょう。

性病検査キット

自分で検査できるよ

性病検査キットを使うと、自宅で性病検査をすることもできます。

ただ、検査キットは誰にでもオススメできるわけではありません。そのまま病院へいったほうがいい場合もあります。

そして、検査キットにはメリットやデメリットもあります。

性病検査キットの良い点・悪い点のページでは、これらの点について解説していますので、そちらを参考にしてください。

 >> 性病検査キットの良い点・悪い点

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ