キス病の症状(EBウイルスによる伝染性単核球症)

キスをするとうつるよ

キス病は主に若い人がかかる病気で、性行為で感染することもあります。

風邪のような症状となることが多いですが、発熱が何週間も続くような重い症状となることもあります。

このページではキス病について解説します。

 >> 検査キットの値段比較表(保存版)star


キス病とは

若い人に多いよ

キス病は正式には、伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう)といいます。

キスするとうつることがあるため、キス病とも呼ばれています。

欧米では若者が感染する病気として有名で、アメリカなどではモノニュークリオシスという名前から「モノ」と呼ばれています。

アメリカにおける「モノ」は、若者の長引く風邪というぐらいの感じで、誰でも知っているような病気です。

10代から20代のキスをする年代になると発症する人が多く、風邪とよく似た症状ですが、症状がかなり長く続くのが特徴です。

キス病のウイルス

キス病の原因は、エプスタインバーウイルス(EBウイルス)というヘルペスウイルスの仲間です。

誰でも感染しているようなありふれたウイルスで、ほとんどの人は人生のどこかで感染します。

このEBウイルスは感染者の唾液に多く含まれていて、主に唾液を通して感染します。キスで感染することもあります。

ただし、キスといってもウイルスが含まれているのは唾液のため、感染にはディープキスぐらいの行為が必要です。唾液の交換のない軽いキスでは感染することは普通はないでしょう。

また、このウイルスには若者のキスで感染することも多いのですが、それよりも3歳ぐらいまでの乳幼児期に感染することのほうがずっと多いです。主に母親とのキスや咀嚼した食べ物を通して感染します。

幼児だと免疫力が弱いので母親との軽いキスくらいで感染してしまう可能性も否定できません。

この乳幼児期の感染では、症状がでることはほとんどありません。軽い扁桃炎や風邪のような症状がでることがあるくらいです。

しかし、免疫力のついた思春期以降に感染すると、症状が重くなることがあります。大人になってから感染すると大変なのは、はしかに似ています。

そして、1度感染するとEBウイルスは体内にずっと残るのですが、抗体が作られるため再び感染することはなく、体内のウイルスによって再発することも普通はありません。

日本と欧米

幼少期に感染することが多いEBウイルスですが、欧米では乳幼児期に感染しない人もわりと多いです。男女交際をする年頃になり、キスをして初めて感染する若者が多くいます。

欧米で乳幼児期にEBウイルスに感染する人が少ないのは、生活様式によるものです。食事などで母親の唾液に接触する機会が少ないことが原因です。

これに対して日本では3歳くらいまでに感染する人がかなり多く、思春期になるころには抗体をもっている人が大半です。20代までに90%の人は感染して抗体をもっています。

このため、日本では大人になってから感染して、キス病になる人は少ないです。

しかし、日本でも最近はキス病が増加傾向にあるようです。病院でキス病と診断される人が増えています。

生活様式が欧米化してきたことや衛生環境がよくなったことなどにより、乳幼児期にEBウイルスに感染する人が少なくなったからと考えられます。

風邪のような症状

やけに長引くよ

EBウイルスに感染すると、半数ぐらいの人が伝染性単核球症(キス病)を発症します。

伝染性単核球症の潜伏期間は4~6週間ぐらいで長いため、いつ感染したかわからないことも多いです。

そして、発症すると最初はだるさや疲労感を感じるようになります。

そのあと数日で寒気を感じるようになり熱が出はじめます。この熱は1~2週間続きます。

さらに発熱してから数日から1週間ぐらいで、首のまわりのリンパ節が腫れたり、のどの痛みがあらわれるようになります。軽い肝炎のような症状がでることもあります。

このような症状は風邪とよく似ているため、風邪やインフルエンザに間違えられることが多いです。

  • 極度のだるさ・疲れ
  • 発熱
  • リンパ節の腫れ
  • 喉の痛み

主な症状はこのようなものです。だるさ、熱、リンパ節の腫れ、のどの痛みの4つは伝染性単核球症で特にあらわれることが多い症状です。

伝染性単核球症ではとても疲れやすくなります。いくら休んでも回復せず、食欲がなくなり、強い倦怠感を感じるようになります。このような状態は数週間続きます。

また、普通の風邪では発熱は3~4日くらいですが、伝染性単核球症では発熱が1~2週間くらい続きます。症状が重い場合には、1ヶ月以上続くこともあります。発熱は38℃以上のことが多く、場合によっては39~40℃の高熱となることもあります。

首のまわりのリンパ節も大きく腫れますが、痛みはそれほどありません。腫れるのは主に首のリンパ節で、まれに脇の下など全身のリンパ節が腫れることもあります。首のリンパ節の腫れが強い場合には、呼吸が苦しくなることもあります。

のどの激しい痛みも特徴です。痛みのために食事が困難になり、つばを飲み込むのもつらくなることもあります。

  • 扁桃腺が赤く腫れる
  • 鼻づまり・鼻声
  • 頭痛
  • 吐き気、嘔吐
  • 肝臓の腫れ
  • 脾臓の腫れ
  • 発疹
  • まぶたの腫れ・目の奥の痛み

伝染性単核球症では、他にもこのような症状があらわれることもあります。

扁桃腺が赤く腫れ、扁桃炎のような症状がでることもあります。扁桃線に白い膿が付着するため、鏡でみると喉の奥が白くなっているのが見えることもあります。

また、扁桃線の腫れによって鼻づまりや鼻声になることも多いですが、鼻水はでません。

発熱するときには、頭痛や吐き気・嘔吐を伴うこともあります。

肝臓が軽く腫れて、軽い肝炎のような症状がでることもあります。血液検査を行うと肝機能の異常がわかるため、急性肝炎を疑われて入院となることもあります。

しかし、肝炎ウイルスによる急性肝炎のように黄疸がでることは少ないです。

左手側のろっ骨あたりにある脾臓が腫れることも多いですが、自覚できるような症状がでることは少ないです。

発疹がでるのはまれです。しかし、扁桃炎などで処方される薬を飲むと、首から胸のあたりに発疹がでることがあります。

他には咳がでたり、まぶたが腫れたりすることもあります。

発症する期間

伝染性単核球症が発症する期間は様々です。

普通は2週間ぐらいで症状は徐々におさまっていき自然に治りますが、重い場合には数ヶ月続くことがあります。

ただ、発熱がなくなってもリンパ節の腫れ、だるさはしばらく残ることがあり、完治するまでに数ヶ月かかることもあります。

軽い肝炎のような症状があった場合も、肝臓は治るのがゆっくりなので、治るまでにはしばらくかかります。

非常に重い病気となることも

このように伝染性単核球症では、普通は長くても数ヶ月くらいで完治します。

しかし、極めてまれに6ヶ月以上症状が続き、慢性活動性EBウイルス感染症という非常に重い病気になることもあります。

この場合は助からない人が多いようです。

EBウイルスは、普通は血液中でBリンパ球というある特定の免疫細胞にしか感染しません。しかし、慢性活動性EBウイルス感染症では、その他の免疫細胞にも次々と感染してしまうため、命にかかわるような非常に重い症状となってしまいます。

唾液で感染する

キスや回し飲みで感染

伝染性単核球症(キス病)の原因のEBウイルスは、唾液に多く存在しています。

唾液が喉の粘膜に接触するような行為で主に感染します。

  • ディープキス
  • 回し飲み・同じ皿の料理
  • 飛沫感染
  • 輸血

伝染性単核球症はキス病といわれるくらいなので、ディープキスで感染することが多いです。

唾液を介して感染するので、軽いキスぐらいでうつることはないでしょう。

キス以外では、回し飲みや同じ皿の料理などを通して感染することもあります。

また、飛沫感染することもあるようです。感染者としゃべっているだけで感染する可能性もあるのかもしれません。

他には、輸血された血液によって感染する人たまにもいます。

ウイルスをもっている人

伝染性感染症の原因は、EBウイルス感染者の唾液です。

しかし、すべての感染者が常にEBウイルスを排出しているわけではありません。

排出しているのは感染者のうち15~20%だけです。

このため、感染者のすべてが感染源になるというわけでもありません。

放っておけば治る

風邪と間違えられることが多いよ

伝染性単核球症(キス病)では風邪のような症状がでます。

しかし、伝染性単核球症では症状が長引くことが多いため、「風邪にしてはかなり長引く」ようであれば伝染性単核球症も疑ってみてもいいかもしれません。

それでも、長引く発熱くらいでは、病院へいっても風邪と診断されることが多くなると思います。病院で行う普通の検査では、伝染性単核球症かどうかは判断することはできません。

日本では伝染性単核球症になる人は少ないため、お医者さんでもあまり詳しく知らない人が多いです。自然に治ることもあり、軽症では見逃されることがほとんどでしょう。

ただ、症状が重い場合には血液検査を行うことがあるかもしれません。血液検査をすれば肝機能に異常がでることがあるため、肝炎を疑われて入院となることもあります。そのような場合では精密な検査が行われるので、伝染性単核球症かどうかがわかります。

また、リンパ節が大きく腫れた場合には、悪性のリンパ腫を疑われることもあります。

キス病の治療

伝染性単核球症には特別な治療方法はありません。

多くの風邪と同様にウイルスが原因なので抗生物質はききません。

それどころか、肝機能が低下するため、飲んだ風邪薬で余計に肝機能が悪化することもあります。

治療方法としては、しばらく安静に寝て自然によくなるのを待ちます。食べることができないなど衰弱が激しい場合には点滴を行うこともあります。

薬は基本的に使いませんが、高熱がでたり喉の痛みが強い場合などには、解熱剤や鎮痛剤を使うこともあります。

また、脾臓が腫れて衝撃で破裂することもまれにあるため、症状が重い場合には1ヶ月ぐらいは運動をひかえる必要があります。

サイトメガロウイルス、HIV

他のウイルスが原因のことも

伝染性単核球症という名前は、血液の中に普通とは異なった形のリンパ球(単核球)があらわれるために名づけられました。

このような異型のリンパ球は他のウイルスが原因で見られることもあり、この場合も伝染性単核球症と同じような症状がでます。

キス病とよばれるEBウイルスの感染症以外にも、サイトメガロウイルスやHIV、風邪を起こすアデノウイルスなどが原因で伝染性単核球症がおこることがあります。

ただ、伝染性単核球症の原因の8割はEBウイルスで、残りはサイトメガロウイルスがほとんどと考えられています。

性病検査キット

自分で検査できるよ

性病検査キットを使うと、自宅で性病検査をすることもできます。

ただ、検査キットは誰にでもオススメできるわけではありません。そのまま病院へいったほうがいい場合もあります。

そして、検査キットにはメリットやデメリットもあります。

性病検査キットの良い点・悪い点のページでは、これらの点について解説していますので、そちらを参考にしてください。

 >> 性病検査キットの良い点・悪い点

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ