いんきんたむし(股部白癬) 症状・治療法・原因

性行為での感染は少ないよ

水虫が股間にうつると、いんきんたむしになります。

発疹が広範囲に広がってとてもかゆいです。

ただ、性行為で感染することはあまりなく、性感染症とまではいえないかもしれません。

このページではいんきんたむしの症状・治療法・原因について解説します。

 >> 検査キットの値段比較表(保存版)star


いんきんたむしとは

水虫と同じ菌だよ

水虫と同じ白癬菌が原因の皮膚病です。股間の周辺に発疹がでて、とてもかゆくなります。

股間の水虫と思ってもらえればいいでしょう。

股部白癬(こぶはくせん)、頑癬(がんせん)とも呼ばれます。

女性よりも男性に多く、汗をかき蒸れやすくなる夏に特に多くみられます。

年齢的には若い人に多いですが、高齢者でも見られます。

白癬菌が股間周辺の皮膚に感染したものをいんきんたむしと呼びますが、白癬菌自体は全身のどこにでも感染する菌です。頭にも感染することもあります。

ただ、水虫が有名であるように、角質の多い足に感染することが圧倒的に多いです。

主な症状

地図状の発疹と激しいかゆみ

いんきんたむしは水虫と同じ菌が原因ですが、水虫とは異なる症状となります。

初期には小さなブツブツや黄色い水ぶくれが発生します。

それがだんだんと外側にひろがっていき、円形や地図状の赤みのある発疹となっていきます。

その後、発疹は中心部分から治っていき、色素の沈着がみられるようになります。発疹の境界部分では赤みがまし、境目がはっきりとしていて、皮膚がむけた状態となっています。

非常に強いかゆみがあるのも特徴です。入浴などで体が温まると特にかゆみが増します。

発疹は性器周辺から太ももの内側やおしりにかけて、かなりの範囲に広がることが多いです。

ただ、男性では陰嚢(睾丸)やペニスにまで感染が広がることはほとんどありません。これはペニスは角質が薄く、白癬菌が感染しにくいからです。

陰嚢(睾丸)やペニスに皮膚症状があらわれている場合には、別の病気を疑ったほうがいいでしょう。

写真・画像

 >> image1 – dermnet.com

 >> image2 – dermnet.com

dermnet.comは皮膚科の画像・写真を掲載しているサイトです。

非常に鮮明な画像を多数確認でき、オススメできるサイトです。


 >> いんきんたむしの画像 – アイオワ大学

アイオワ大学のHPです。疥癬の写真・画像を確認できます。


 >> いんきんたむし1 – google 検索

 >> いんきんたむし2 – google 検索

 >> いんきんたむし(日本語) – google 検索

グーグルでの画像の検索結果です。

検査と治療薬

検査

皮膚の状態を見たり、皮膚をこすって顕微鏡で確認したりします。

治療薬

治療には白癬菌に効果のある塗り薬などを使います。カビ類に効果のある抗真菌薬を含んだものです。

簡単に治りますが、白癬に効果のない薬を使うと症状が悪化してしまいます。

ドラッグストアなどでも市販のものが入手できます。しかし、治りにくい場合はお医者さんに薬を処方してもらったほうがいいでしょう。治りにくい場合には飲み薬が使われることもあります。

塗り始めてから1週間くらいでかゆみなどの症状は消えてよくなります。ただ、皮膚のサイクルが完了する1~2ヶ月くらいは塗り続ける必要があります。

また、足の水虫が原因のことが多いので、足に水虫がある人は同時に治す必要があります。

薬の成分については以下のHPが詳しいです。

 >> ミコナゾール | おくすり110番
 >> ケトコナゾール | おくすり110番
 >> テルビナフィン | おくすり110番

悪化と再発

いんきんたむしは股間の部分にできるため、恥ずかしさから病院に行きづらく、悪化の原因となることがあります。

しかし、早めに治療しないと色素の沈着が残ってしまい、しばらくは消えません。

また、いんきんたむしになりやすい人はもともと白癬菌が増えやすい環境にあるため、何度も再発を繰り返す人が多いです。

日光

民間療法として、昔の人は日光に患部をさらして治していました。

白癬菌は紫外線に弱いため、この方法でもよく治るようです。

自然治癒

いんきんたむしも症状が軽ければ自然治癒してしまうこともあります。

感染する原因

性行為での感染はあまりないよ

いんきんたむしの原因である白癬菌はカビの一種です。

どこにでもいる菌で、土の中などにも存在しています。

人間に白癬菌が感染する場合は、皮膚の表面の角質に感染します。

水虫から

水虫などの白癬患者との接触がいんきんたむしの原因ですが、それよりも自分の足の水虫から股間へと感染することが多いです。

他の人から感染する場合は、水虫の人の歩いた床やマット、共同で使うスリッパなどから感染します。

また、タオルや衣類、布団などを共用したような場合でも、感染する可能性があるでしょう。

高温多湿・免疫力の低下

また、高温多湿状態が続くような皮膚では白癬菌が増えやすいです。

このため、汗をかきながら、体から熱がでるスポーツ選手によくみられます。

ある種の病気や薬の使用などによる免疫力の低下が菌の増える原因となることもあります。

感染しにくい

ただ、白癬菌は普通は感染しにくいです。

毎日お風呂に入っていれば普通は感染することはありません。

逆に、何日もお風呂に入らないような不潔な状態が続けば、菌が定着して発症する可能性がでてきます。

性行為・ペット

性行為によって患部が接触することにより感染する人もいると思います。しかし、性行為だけが原因となることはあまりないでしょう。

他にも犬や猫などのペットいる白癬菌が人に感染することもあります。

予防方法

清潔にしていれば感染しない

毎日入浴する人には普通は白癬菌に感染しないため、いんきんたむしになることはありません。

体を洗って清潔にすることが一番大切です。

足を洗わないままで何日も同じ靴を履いたりするのもよくないです。足の水虫から感染することが多いので、特に足は毎日洗うようにして清潔を心がけたほうがいいでしょう。

汗をかいた場合には皮膚が蒸れないようにして、よく乾かすことも大事になります。

また、原因は自分の水虫のことが多いので、銭湯やプールなど裸足の人が多く出入りするような場所に行かなければ、感染はほとんどが防げます。

性病検査キット

自分で検査できるよ

性病検査キットを使うと、自宅で性病検査をすることもできます。

ただ、検査キットは誰にでもオススメできるわけではありません。そのまま病院へいったほうがいい場合もあります。

そして、検査キットにはメリットやデメリットもあります。

性病検査キットの良い点・悪い点のページでは、これらの点について解説していますので、そちらを参考にしてください。

 >> 性病検査キットの良い点・悪い点

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ