軟性下疳の症状・感染経路

日本では少ないよ

軟性下疳は激しい痛みのある性器の潰瘍です。

熱帯地域に多いですが、日本ではほとんど見られないかなりまれな病気です。

このため、国内で感染することはほぼありませんが、アフリカや東南アジアなどへ渡航する人は感染の可能性があるため注意が必要です。

このページでは軟性下疳の症状・感染経路などについて解説します。

 >> 検査キットの値段比較表(保存版)star


軟性下疳とは

昔の性病だよ

軟性下疳(なんせいげかん)とは性器周辺に痛みのある潰瘍ができる性感染症です。

梅毒、淋病に続く、第三性病と呼ばれていたこともあります。

熱帯地域

軟性下疳はアフリカ、東南アジアなどの熱帯地域ではよくみられる病気です。

特にアフリカでは最も多い性病となっています。

日本

日本では戦後しばらく軟性下疳が流行したことがありますが、その後は激減しました。

最近では東南アジアなどで感染する人が極まれににいる程度です。

国内で感染することはほとんどないと考えていいでしょう。

どのくらいの頻度で発生しているかなど詳しいことは不明ですが、年間数十件くらいと思われます。かなり少ないです。

このため、医療関係者でも軟性下疳を診たことがない人がほとんどです。

グローバル化

増える可能性もあるよ

軟性下疳は先進国では今はほとんどみられない病気となっています。

しかし、わずかに増加傾向が見られる地域もあるようです。

グローバル化が進み、人の交流が増えている現在では、今後再び増えていく可能性もあるでしょう。

感染経路・原因

性行為が原因

軟性下疳はヘモフィルス・ デュクレイという菌が原因です。

性行為の際に、潰れた潰瘍(軟性下疳)に触れることで感染します。

オーラルセックスで感染することもあります。

しかし、セックスができないほどの激痛となり、潜伏期間も短いため、実際には感染者から感染することはそれほど多くはありません。

症状

潜伏期間

潜伏期間は2~3日くらいと短く、早くから症状があらわれます。長くても1週間ほどです。

こぶ

最初は米粒から大豆くらいの赤く盛り上がったこぶが1個から数個できます。

男性では亀頭や包茎の皮の部分、女性では膣や尿道の入り口周辺の外陰部にできます。肛門周辺にできることもあります。

膿疱

その後、すぐにこぶは膿を含んだ黄色い水ぶくれとなり、短時間で破れて境界部分がはっきりした潰瘍となります。

潰瘍はえぐったような状態で、表面に汚い膿をもち、軟らかくてこすると簡単に出血します。

大きさは様々ですが、複数の潰瘍が合体して急速に広がっていくこともあります。

潰瘍は皮膚がえぐれたような状態のため、我慢ができないほどの激痛となります。

ただ、女性の場合は痛みがでないこともあります。

放っておいても数週間で瘢痕となって治りますが、再発することも多いです。

リンパの腫れ

半分ぐらいの人は潰瘍ができてから1~2週間後に、太もも付け根のリンパ節が炎症をおこして大きく腫れ、押すと痛みがでるようになります。

腫れが出るのは右か左のどちらか片側だけのことが多いです。

リンパ節は炎症をおこすため膿のかたまりができることがあり、皮膚が破れて膿がでてくることもあります。

オーラルセックスなどが原因で口に軟性下疳ができることもたまにあります。

この場合は口の中の小さな潰瘍となってあらわれます。

画像・写真

 >> image – dermnet.com

dermnet.comは皮膚科の画像・写真を掲載しているサイトです。

非常に鮮明な画像を多数確認でき、オススメできるサイトです。


 >> 軟性下疳 – google 検索

グーグルでの画像の検索結果です。

診断・治療

検査

軟性下疳は見た目や症状に特徴があるため、見るだけで軟性下疳かどうかは簡単にわかります。

特別な検査が行われることはありません。

ただ、梅毒と区別するために血液検査などが行われることはあるかもしれません。

検査方法としては顕微鏡検査や細菌の培養がありますが検査が難しく、感染者がほとんど存在しないこともあり、日本の国内でそのような検査が行われることはありません。

治療

軟性下疳には抗生物質がよく効き、数日で症状は治まります。

飲み薬、注射、軟膏として使用します。

太ももつけ根のリンパ節にたまった膿は、切開して膿を排出することもあります。

似ている性感染症

性器ヘルペス

性器ヘルペスも潰瘍ができますが、軟性下疳に比べてただれが浅く痛みも軽いです。

梅毒

梅毒の初期にも硬性下疳(こうせいげかん)という似たような症状がでます。

しかし、軟性下疳とは逆に硬性下疳は痛みはありません。

また、梅毒でも太ももの付け根のリンパ節が腫れることもありますが、こちらも痛みはありません。

梅毒との同時感染

同時感染が多いよ

軟性下疳は梅毒と似た症状がでることがありますが、実際に梅毒との同時に感染することもかなり多いです。

これは混合下疳と呼ばれています。

この混合下疳では潰瘍が固くなり、梅毒の初期症状である硬性下疳のようになります。

HIVとの同時感染

HIVに感染しやすい

軟性下疳に感染している人ではHIVの感染率が高いです。

深い潰瘍ができる軟性下疳は、アフリカ南部でHIVが蔓延している原因の一つになっていると考えられます。

軟性下疳になった場合にはHIVの検査を行う必要があります。

また、HIV感染者の軟性下疳は治りにくいです。

性病検査キット

自分で検査できるよ

性病検査キットを使うと、自宅で性病検査をすることもできます。

ただ、検査キットは誰にでもオススメできるわけではありません。そのまま病院へいったほうがいい場合もあります。

そして、検査キットにはメリットやデメリットもあります。

性病検査キットの良い点・悪い点のページでは、これらの点について解説していますので、そちらを参考にしてください。

 >> 性病検査キットの良い点・悪い点

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ