完治せず再発を繰り返す性器ヘルペス

ヘルペスは何度でもやってきます

「なんだか今日は疲れたな。おや、なんだかヒリヒリする。もしかしたら、また来たのか。面倒だな・・・。」

性器ヘルペスの一番やっかいなところは、何度も再発するところでしょう。

隙があれば、ヘルペスは狙ってきます。

 >> 検査キットの値段比較表(保存版)star


完治しない性器ヘルペス

性器ヘルペスに一度なってしまうと、残念ながら治ることはありません。

―――ヘルペス感染と症状―――
1 ヘルペスウイルスあらわる
2 ヘルペスウイルス神経節に隠れる
3 ヘルペスウイルス目覚め、暴れる
4 ヘルペスウイルス再び神経節へ
ヘルペスウイルスに感染すると、最初の症状をあらわします。(1)

しばらくすると、性器ヘルペスの症状は治まり、ヘルペスウイルスは神経節に行き、免疫システムにみつからないように潜伏します。(2)

その後、身体が弱るとヘルペスウイルスはおもてにでてきて、再び暴れだします(3)

しかし、ヘルペスウイルスは免疫にやられて、再び神経節に戻って潜伏することになります。(4)

治す薬はないよ

このヘルペスウイルスは体内から消えることはありません。感染すると一生の間、体内で潜伏し続けます。

また、現在のところ、ヘルペスウイルスを完全に駆逐するような薬も開発されてません。

性器ヘルペスを予防するワクチンなども開発は続けられていて、たまにワクチンを開発したという話もありますが、現在でも国から認可されたワクチンというものは存在していません。

再発は人それぞれだよ

基本的に性器ヘルペスの再発は、感染から時間がたつとともに、だんだんと減っていきます。

しかし、中にはずっと再発を繰り返すような人もいます。

逆に、一度も性器ヘルペスの症状があらわれずに、感染したことにすら気付いていない人も多いです。

性器ヘルペスの再発の仕方にはかなりの個人差があります。

再発を繰り返す理由

月に2、3回再発する人も

性器ヘルペスは非常に再発しやすい、という特徴があります。

性器ヘルペスの原因はウイルスで、単純ヘルペスウイルスといいます。

この単純ヘルペスウイルスには、型が何種類かあり、性器ヘルペスは主に2型が原因です。

これに対して、口唇ヘルペスでは主に1型が原因ですが、この1型のヘルペスが性器に感染することもあります。

  • 1型 : 再発しにくい、口に多い
  • 2型 : 再発しやすい、性器に多い

しかし、1型の場合は性器に感染しても、再発はほとんどありません。再発しても年に1回程度です。

1型はもともと口の中にいるヘルペスウイルスですが、オーラルセックス(フェラチオ、クンニリングス)などによって、性器にも感染することがあります。

最近では、この1型のヘルペスが性器に感染する人が増えています。

コンドームを使わないセックスによるHIV感染を恐れて、オーラルセックスを行う人が増えたことも原因の一つでしょう。

オーラルセックスが増えたために、もともと口の中にいた1型のヘルペスが性器に感染する人が増えたと考えられます。

2型が問題だね

2型のヘルペスウイルスは、非常に再発しやすいウイルスで、普通は再発するのは2型です。

2型の感染者の場合、平均すると年に10回くらいの再発がおこります。多い人では、月に2~3回も再発している人もいます。

この2型のヘルペスウイルスは、もともと性器ヘルペスとして昔から性器に存在していた型です。

現在では1型、2型のどちらも性器に感染している人が多いため、1型と2型の区別は意味が無いと一般ではいわれています。

しかし、再発の多さから考えると、ヘルペス感染者にとって問題になるのは明らかに2型のほうです。

再発を繰り返さない1型の場合、感染しても再発が少ないため、それほど負担にはならないからです。

再発する原因

刺激でヘルペスがでてくる

ヘルペスウイルスは身体が元気で健康なときは、おとなしく隠れています。

しかし、身体が弱ったり、何らかの刺激をうけたりすると、性器ヘルペスは表にでてきます。

  • 過労
  • 風邪(免疫力の低下)
  • 月経、生理
  • 妊娠、出産
  • 性行為による皮膚の摩擦
  • お酒の飲みすぎ
  • 日光、紫外線
  • ストレス
  • 時差
  • 他の性病で皮膚を傷める

性器ヘルペスが再発する主な原因はこのようなものです。

性器ヘルペスの再発には、なにかの特別な原因があるわけではありません。身体に刺激が加わったときに、ヘルペスのウイルスは出やすくなります。

ちなみに、これは性器ヘルペスだけでなく、口のヘルペスである口唇(こうしん)ヘルペスでも同じ原因で再発します。

再発を抑える方法

再発にはいい治療法があるよ

性器ヘルペスの再発の症状は軽いことがほとんどです。

しかし、何度も再発を繰り返すのが、性器ヘルペスのやっかいなところです。

この何度も繰り返す性器ヘルペスに対しては、再発抑制療法という治療法があります。

性器ヘルペスに効く薬を1年間毎日飲むという方法で、飲んでいる間は症状がかなり抑えられます。治療終了後も再発しにくくなり、症状も軽くなります。

この再発抑制療法は保険が適用されるので、月に5~6000円くらいで治療が可能です。

再発抑制療法については性器ヘルペスの検査と治療、薬のページをご覧ください。

 >> 性器ヘルペスの検査と治療、薬



性器ヘルペスの治療

治療でよくなるよ

性器ヘルペスは治ることはありません。

しかし、ヘルペスにはよく効く薬があります。治療を行うことでかなり症状を改善することが可能です。

そして、治療薬やの治療方法はいくつかあり、症状の程度によって対処の仕方が異なっています。

性器ヘルペスの検査と治療、薬のページでは、これらの点について解説していますので、そちらを参考にしてください。

 >> 性器ヘルペスの検査と治療、薬

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ