HIV/エイズ 進行したときの症状

長く続く症状は要注意

HIVに感染してもしばらくは症状がないことが多いですが、免疫力の低下に従って様々なエイズ症状があらわれるようになります。

このページでは潜伏期間からエイズ末期までのHIV感染者によく見られる症状についての解説します。

 >> 検査キットの値段比較表(保存版)star


エイズ発症と23の病気

エイズ発症となる病気があるよ

  • カンジダ症
    (食道、気管、気管支、肺)
  • クリプトコッカス症(肺以外)
  • コクシジオイデス症
  • ヒストプラズマ症
  • ニューモシスティス肺炎
  • トキソプラズマ脳症
  • クリプトスポリジウム症
    (1か月以上続く下痢)
  • イソスポラ症
    (1か月以上続く下痢)
  • 化膿性細菌感染症(13歳未満)
  • サルモネラ菌血症
    (再発を繰り返す)
  • 活動性結核
    (肺結核又は肺外結核)
  • 非結核性抗酸菌症
  • サイトメガロウイルス感染症
  • 単純ヘルペスウイルス感染症
    (1か月以上持続する)
  • 進行性多巣性白質脳症
  • カポジ肉腫
  • 原発性脳リンパ腫
  • 非ホジキンリンパ腫
  • 浸潤性子宮頚癌
  • 反復性肺炎
  • リンパ性間質性肺炎(13歳未満)
  • HIV脳症
    (認知症又は亜急性脳炎)
  • HIV消耗性症候群
    (全身衰弱又はスリム病)

厚生労働省が定めた23の病気のうち、いずれかをHIV感染者が発病した場合にエイズ発症と判断されます。

ただ、この23の病気の中には、日本ではあまり発生しない病気もあります。

このページでは、日本でよくみられる病気とその症状を中心に解説していきます。

HIVが疑われる症状

長く続く場合は要注意だよ

  • 発疹・水ぶくれを繰り返す
  • 長く続く原因不明の微熱
  • 長期間繰り返す下痢
  • せきが長く続く
  • 息切れ・息苦しさ
  • 体重減少
  • 寝汗をかく
  • 体のだるさ

HIVに感染するような行為や機会があってさらにこのような症状がある場合には、HIV感染の可能性を疑ってもいいかもしれません。

特に、症状が長引いてなかなか治らない場合は要注意です。HIVに感染して免疫力が低下していると、どんな症状でも治りにくくなるからです。

発疹・水ぶくれを繰り返す

免疫力が低下すると様々な皮膚症状が見られるようになります。治りにくいのも特徴です。

長く続く原因不明の微熱

1ヶ月以上続く微熱には注意が必要です。風邪とは明らかに違う可能性が高いです。

長期間繰り返す下痢

1ヶ月以上続く下痢は普通の状態ではありません。何らかの異常があると考えたほうがいいでしょう。

せきが長く続く

結核などに感染すると咳がでやすくなります。喫煙者の場合は咳がでることもありますが、咳が続く状態はいい状態とはいえません。

息切れ・息苦しさ

ニューモシスチス肺炎では息切れ、呼吸困難の症状があらわれることが多いです。

体重減少

急激な体重減少は体に何らかの異常があることが多いです。なんらかの病気を疑ったほうがいいでしょう。

寝汗をかく

暑くもないのに寝ているときに汗をかくのは普通ではありません。体に異常がおきている証拠です。

体のだるさ

免疫力が低下し何かの病気を発症していると、体がだるくなることが多いです。

免疫力が高くても発病する病気

エイズ発症となる23の病気の中には、免疫力が高くて割と健康なうちから症状をあらわす病気もあります。

このような症状のうちにHIV感染に気付くと、HIV治療の成功率も上がるでしょう。

帯状疱疹

子供の頃に水ぼうそうになった人も多いと思います。水ぼうそうのウイルスはその後も身体に潜伏しているのですが、体が弱ったときに再びでてきたものを帯状疱疹(たいじょうほうしん)と呼びます。

帯状疱疹は23の病気には含まれていませんが、HIVの潜伏期間で一番早くから出やすいものです。

症状としては、紅く盛り上がった発疹や水ぶくれが神経に沿って帯のように発生します。身体の左半分か右半分のどちらかだけに発生することがほとんどです。

>>帯状疱疹 | google検索画像(英語)

>>帯状疱疹 | google検索画像(日本語)

>>帯状疱疹の画像 – dermnet.com

カポジ肉腫

カポジ肉腫はHIVの病気として有名なため、耳にしたことがある人も多いと思います。

最初は全身に紫や黒褐色の数ミリの斑点ができ、時間と共にだんだんと隆起し大きくなっていきます。

初めての人の場合は下半身に症状があらわれることが多いです。

>>カポジ肉腫 | google検索画像(英語)

>>カポジ肉腫 | google検索画像(日本語)

>>カポジ肉腫の画像 – dermnet.com

口腔カンジダ

カビの一種のカンジダの病原菌は特に珍しいものではなく、誰でも菌をもっている可能性があります。

HIV感染者は免疫力が落ちるのでカンジダにより、口の中に白いコケのようなものができます。

>>口腔カンジダ | google検索画像(英語)

>>口腔カンジダ | google検索画像(日本語)

結核

HIV感染者は免疫力低下のため、結核(けっかく)を発症する人も非常に多いです。

持続する原因不明の微熱・せき・痰・体のだるさが続くようなら、HIV感染による結核の疑いもあるかもしれません。

かなり進行した場合にでやすい病気

HIV感染からかなりの時間が過ぎ、免疫力がかなり下がった状態で発症する病気もあります。

この項目で紹介するような病気が発症した場合は、すぐにでも治療が必要となります。

ニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)

ニューモシスチス肺炎はエイズで発病する疾患としては、最も多い病気のひとつです。

以前はカリニ肺炎と呼ばれていたのですが名称が変更されました。カリニ肺炎として覚えている人の方が多いと思います。

症状としては発熱・せき・動いたときの息切れ・呼吸困難などがあります。

もし、発症した場合は治療しなければ助かることはほとんどない病気でもあります。

クリプトコッカス症

クリプトコッカス(クリプトコックス)症の病原体は身近に存在する菌です。乾燥したものが空気中を舞い、呼吸で体内に入ります。

健康な人なら発症はしませんが、免疫力の落ちている人には発症します。

最初は肺に入り鼻水・せき・発熱・体重減少などの症状があります。

進行すると脳に入り髄膜炎をひき起し、発熱・だるさ・頭痛などの症状があり、悪化すると昏睡・人格変化・記憶障害などが起こることもあります。

トキソプラズマ脳症

トキソプラズマは猫に寄生している原虫です。人にも感染しますが、健康な場合は人も猫も特に症状はありません。

生の肉を食べる人に感染が多く、フランスの場合は人口の85%の人が感染しています。

免疫力の下がっているHIV感染者の場合、感染すると脳症をひき起すことがあります。

症状は頭痛・意識がなくなる・発熱などが多く、けいれんや視力に障害がでることもあります。

サイトメガロウイルス感染症

サイトメガロウイルスは日本人の場合、90%以上が一度は感染したことがありウイルスはそのまま体内に潜伏し続けています。

  • 眼   視力低下・視野欠損
  • 肺   発熱・せき・呼吸困難
  • 消化器 下痢・発熱・痛み
  • 脳   意識障害

HIV感染者がサイトメガロウイルス感染症を発症すると、眼や肺に症状がでることが多いです。消化器官(食道、胃、腸)や脳などに症状がでることもあります。

食道カンジダ

口腔カンジダについては免疫力が高くても発病する病気のところで書きました。更に免疫力が下がった場合は、食道カンジダを発症することもあります。

食道カンジダは食道にカンジダが発生します。自分で直に確認することは難しいですが、食べ物が飲み込みにくい・飲み込むときの痛み・胸焼けのような症状があります。

末期に出やすい病気

体内の免疫システムが破壊されて免疫力がほとんど無くなり、末期ともいえる状態になってからでる病気もあります。

このような病気を発症した場合は、発見が遅れたような状況が多くなると思います。このため、治療もあまり上手くいかない可能性も高くなるでしょう。

非結核性抗酸菌症

非結核性抗酸菌症(ひけっかくせいこうさんきんしょう)は結核菌の親戚の菌がひき起こす病気で、症状も結核に似ているのですが結核ではありません。

また、結核は人から人へ感染しますが、非結核性抗酸菌症では人から人へと感染することはありません。

主な症状は微熱・せき・たん・体のだるさ・下痢・腹痛などがあります。

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫とは血液のがんです。

エイズ発症とされる23の病気のうち、原発性脳リンパ腫と非ホジキンリンパ腫が悪性リンパ腫となります。

症状としては首、脇の下、股の付け根のリンパ節の腫れ・発熱・寝汗・体重減少などがあります。

HIV脳症

HIVというウイルス自体で人が死ぬことはありません。しかし、HIV自体により脳に直接ひきおこされる症状があり、HIV脳症と呼ばれています。

初期では言葉が遅くなる・反応が遅いなどの症状がありますが、特に自分も周囲の人も気が付かないことが多いです。

進行するとふらつき・集中力低下・記憶力低下など本人や周りの人でも気付くほどの症状となります。更に進行すると認知症の症状や歩行困難となることもあります。

皮膚に出やすい症状・画像のまとめ

内容が重なりますが最後の項目として、HIV感染によって皮膚にあらわれることが多い症状とその画像をまとめておきます。

HIV感染では皮膚に症状がでるものが多いからです。特に、治りにくいものには注意が必要となります。

帯状疱疹

免疫力が高くても発病する病気のところで一度説明しましたが、帯状疱疹では紅く盛り上がった発疹や水ぶくれが神経に沿って帯のように発生します。身体の左半分か右半分のどちらかだけに発生することが多いです。

>>帯状疱疹 | google検索画像(英語)

>>帯状疱疹 | google検索画像(日本語)

>>帯状疱疹の画像 – dermnet.com

口唇ヘルペス

身体の免疫力が落ちると、口の周りにヘルペスの紅い盛り上がりや水ぶくれが出来る場合があります。

HIV感染者の場合は、治りにくく痛みが激しくなることが多いです。

>>口唇ヘルペス | google検索画像(英語)

>>口唇ヘルペス | google検索画像2(英語)

>>口唇ヘルペス | google検索画像(日本語)

>>口唇ヘルペスの画像 – Dermnet.com

伝染性軟属腫

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)は水イボともいいます。基本的に小さな子供に多くみられるものですが、HIV感染者の場合は大人でも伝染性軟属腫に感染することが多いです。

症状としては、2~5mm程度の米粒ほどに盛り上がった発疹がでます。色は皮膚の色と変わらないものや薄い褐色のようなものが多いです。

>>伝染性軟属腫 | google検索画像(英語)

>>伝染性軟属腫 | google検索画像(日本語)

>>伝染性軟属腫の画像 – dermnet.com

脂漏性湿疹

脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)では、頭や顔にフケのようなものが発生します。脂漏性皮膚炎ともいいます。

HIV感染者では症状が重くなりやすく、治療に時間がかかります。

>>脂漏性湿疹 | google検索画像(英語)

>>脂漏性湿疹 | google検索画像(日本語)

>>脂漏性湿疹 – dermnet.com

乾癬

乾癬(かんせん)では、紅く盛り上がった発疹の上に銀白色のフケのようなものが発生します。

頭皮・ひざ・ひじに出来やすいですが、全身のどこにでも症状はあらわれます。

HIVに感染していると乾癬が悪化しやすいです。治りにくい場合はHIV感染を疑ってみるといいでしょう。

>>乾癬 | google検索画像(英語)

>>乾癬 | google検索画像(日本語)

>>乾癬(頭) – dermnet.com
>>乾癬(手) – dermnet.com
>>乾癬(爪) – dermnet.com
>>乾癬(重症の場合) – dermnet.com

尋常性疣贅

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は、イボの一種です。

灰色や褐色のような色が多く、盛り上がった形をしています。手足や顔に出来ることが多く、放っておくとどんどん増えていきます。

尋常性疣贅もHIV感染者の場合は治りにくいです。

>>尋常性疣贅 | google検索画像(英語)

>>尋常性疣贅 | google検索画像(日本語)

>>尋常性疣贅 – dermnet.com

性病検査キット

自分で検査できるよ

性病検査キットを使うと、自宅で性病検査をすることもできます。

ただ、検査キットは誰にでもオススメできるわけではありません。そのまま病院へいったほうがいい場合もあります。

そして、検査キットにはメリットやデメリットもあります。

性病検査キットの良い点・悪い点のページでは、これらの点について解説していますので、そちらを参考にしてください。

 >> 性病検査キットの良い点・悪い点

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ